Print This Post Print This Post

これまでに書かれた英語学習論の多くは、日本人でありながらネイティブ・スピーカー並みの英語運用力を身につけるという、かなり高度なレベルの習得を目指した英語学習を論じるものでした。その理由は、それらの著者たちが自分自身の経験を通して、そのような運用力を実際に身につけた人であったからでしょう。「私はこうして成功したのだから、あなた方もそのようにしたらよい」というわけです。あるいは、著者自身がそこまで到達していない場合でも、著者の経験と研究から、こうすればよいはずだという理想的な英語習得の姿を描き出して見せるものでした。筆者が以前に書いた『あなたも英語をマスターできる』(茅ヶ崎出版)も、そういう類のものでした。

 最近では、日本人でありながら英語圏で生まれ育ち、英語を母語のように習得する人が珍しくなくなりました。また若い頃から海外に移り住んで、英語を第2言語として使いこなす人も増えています。そして今や、そのようにして英語を身につけた「バイリンガル」と言われる人々が、いろいろな分野で活躍するようになっています。ですから、自分の国から一度も離れたことがない日本人が、そういう人を見てうらやましく思い、どうにかして自分もそのような英語を身につけたいと思うのは当然のことかもしれません。しかし、日本に生まれ育って日本語をかなりの程度まで身につけてしまった人々には、それは容易なことではありません。本当にそうしたければ、なるべく早く決心して、英語を主言語として使用する土地に移住しなければなりません。日本に住み続けながら英語を日本語と同様に使えるようにしたいというのは、虫のよい話なのです。

 このような議論に対して、一度も日本の国外に出たことがないのにネイティブ・スピーカー並みの英語を身につけたという人がいるではないか、と反論されるかもしれません。昔はそういう人がいると信じられていました。以前「百万人の英語」というラジオ・テレビの英語講座で有名な五十嵐新次郎氏(早稲田大学教授)がそうでした。筆者もその放送を聞いて発音の勉強をしたことがあります。五十嵐先生は留学経験がないと聞いていましたが、その発音は普通のネイティブ・スピーカーよりもずっと上手だと感じました。しかしそれは五十嵐先生が英語音声学の専門家だったからで、先生が日本人のための英語講座を担当するのに必要なレベルの英語を完璧に習得なさっていたということにすぎません。ラジオの英語講座を担当したということから、先生がご自分の母語と同様に、あらゆる分野での英語運用に習熟されていたということではありません。

 つまり、私たちは自分の関心のある限られた分野においては、専門的な訓練を積みかさねるによって、ネイティブ・スピーカーと同様の(またはそれ以上の)英語力を身につけることができるということです。それは間違いなく可能であり、英語の達人と言われた伝説的日本人もたいていそうです。しかし一部のバイリンガルのように、母語である日本語でカバーすることのできるすべての分野を、第2言語である英語で代行できる技能を身につけることは、ほとんど不可能だと言ってよいでしょう。なぜなら、私たちの生きている時間と環境には厳しい制約があります。私たちの一生はそう長くはありませんし、私たちは日常的に日本語を使う環境の中で生活しているからです。その環境を変えることは理論的には可能ですが、多くの日本人はその中で生活することを選択しています。(選択しているのではなく「余儀なくされているのだ」と言うかもしれませんが、この場合どちらでもかまいません。)そういう時間と環境の制限の中で一定の時間を割いて英語の学習を進めるとすれば、私たちのなすべきことは、自分がどうしても英語を必要とする分野に限定して学習を進めることではないでしょうか。筆者は前回、「ここで言う英語学習の成功者とは、自分にとって必要な英語力を身につけた人のことです。ですからその到達レベルは個人の必要に応じて異なります。」と書きましたが、それはそういうことです。

 ある限られた分野での、個人の必要に応じたレベルの英語運用力ということになると、それはネイティブ・スピーカーの獲得する言語能力とは必ずしも一致しません。従来の第2言語の使用能力は常にネイティブ・スピーカーのそれを基準にして判断されましたが、これからはもっと限定された運用力について語ることになります。たとえば、英語で日常会話はできなくても、自分の専門分野の論文を読み書きし、自分の論文を口頭でプレゼンテーションできるというような、限られた分野の英語能力を考えることができます。特に理系の研究者や学生たちには、現在そのような能力が必須です。そういう能力を効率的に養成するという研究は、これまであまりなされていないように思われます。(To be continued.)