Archive for 8月, 2010

 

これは前回の「言語学習の諸相」(8月29日)で述べたものの続きです。

日本人の英語学習が全般的に成功していると感じている方は少ないでしょう。多くの方々は、中学・高校、さらに一部は大学まで何年間も英語を学んだのに、会話もできない、新聞も読めない、手紙も書けないと嘆いていらっしゃる。英語教育の専門家の多くも日本の英語教育にはいろいろな面で問題があり、思い切った改善が必要だと考えています。私も専門家の一人としてその通りだと思います。いろいろな改善の仕方が提案され、その一部が議論され考慮されたことはありますが、どの問題も徹底して議論され実行されたことはありません。ですから日本の英語教育はこの数十年、部分的には望ましい変化も見られはしますが、全体的にそれほど改善されたようには思えません。事実、最近の高校生や大学生の英語の学力は以前よりも低下しているというデータもあります。

そこで英語教育改善についての私自身の見解を簡単に述べさせていただきます。これまでの改善提案の多くが、教育や指導をする側からの論理(つまり、文科省や教育委員会や学校運営者の観点)からなされていたのに対して、私は英語学習を学習者の手に戻そうという、かなり過激な「自律学習」への変革を目指しています。それは教育行政者・実際の教育担当者すなわち教師・そして学習者、の三者の意識改革を必要としていますから容易なことではありません。しかし、私の知る限り、ヨーロッパ諸国(特に北欧諸国)や米国の一部ではすでに実行され、実績をあげているものです。ですから空論とは思っていません。私の生きているうちに日本で実現するとは考えていませんが、その芽くらいは見てから死にたいものだと思っています。

英語に限らずどの外国語も、その習得は普通の日本人にはたいへんに難しいものです。特に留学もせずに日本でそれを達成しようとする人はそうです。そしてその習得に成功した人は、ほとんど例外なく、大変な努力をしています。学校で学んだだけで十分だったなどという人はいないと言ってよいでしょう。もしいたとしても、その人は学校外で人一倍の自主学習に励んだに違いありません。一般に、学校は基礎を教えるところです。学習者の側から言うと、発音や語彙や文法の基礎と、聴き方・話し方・読み方・書き方の基礎を学ぶところです。それをしっかりと脳に刻みつけ、必要に応じて使う技能の大部分は自己の責任において遂行すべきことです。ですから、学校で6年間、8年間英語を習ったのに全然使い物にならないというのは、自律性を欠いた学習者の「言いがかり」にすぎないのです。そう言うと、これまでの学校教育を弁護しているように思われるかもしれませんが、そうではありません。学校は個々の学習者の必要とするすべての知識や技能を授けるところではありません。そう考えている人があるとすれば、学校関係者も学習者も、まずそこから意識を変える必要があります。英語の学習は、他のすべての教科の学習がそうですが、学校は生涯学習の場の一部なのです。(土屋澄男)

「テレビは面白いか?」
(1)最近のテレビは面白いですか?」と問われれば、「面白いのもあるし、つまらないのもある」と答える人が多いのではないでしょうか。「面白くなければテレビではない」と宣伝したのは、フジテレビだったと思いますが、最近は「お笑い番組」では日本テレビのお株を奪うようなことをしています。しかし、本来「面白い」とか「興味を感じる」というのは個人差があるものですから、他人に決めてもらうものではないはずです。ところが、テレビ番組というのは、個々の人間の頭の中に入り込んできて、“洗脳”する働きがあるのです。ご用心を!

(2)視聴率が稼げるとなると、どのテレビ局でも同じようなタレントを使い回して、人気がなくなれば切り捨ててしまいます。酷使された古い例では、今陽子とかピンクレディが挙げられます。幸いご本人たちはつぶれないで、今でも歌ったりしていますが、むしろ奇跡的で、姿を消したタレントは無数にいることでしょう。(NHK は視聴料を徴収しているので、ここでは除外しておきます。いずれ取り上げます。)

「24時間テレビ」
(3)最近はフジテレビが「26時間テレビ」などを始めましたが、「24時間テレビ」は 1978 年から日本テレビ系列が始めたものです。一口で言わせてもらえば、「感動の押しつけ」で、私は好きではありません。タレントが 100キロを夜通し走って、ゴールの武道館に番組終了までに着けるかどうか、とハラハラさせる仕組みです。こういう“演出された”感動は押しつけがましいと思います。映画とか芝居にも“感動させる”作品はあります。しかし、良い作品は、人間の在り方や社会問題を考えさせる全体的な意図が感じられます。「24時間テレビ」は、「愛は地球を救う」というチャリティ運動と結びついてはいますが、何か付け足しのように思えます。しかも翌は、“感動的な場面”を繰り返し放送していて、うんざりします。

(4)「24時間テレビ」に関連してもう1つ言いたいのは、「募金」という用語を「寄付金」と同じ意味に使っていることです。アナウンサーが「こんなに募金が集まりました」などと言っています。そういうことを注意しても、テレビ関係者は傲慢で聞く耳を持ちません。他の例では、よく画面に “AM 8:00″ などと表示していますが、「英語としては間違い」と指摘しても、回答は「私たちはこれは英語とは考えていません。日本語の中の記号として使っています」というものです。これでは、日本人が正しい英語を使えるようにはならないでしょう。(この回終り)

言語学習の諸相

Author: 土屋澄男

去る8月19日、明治大学駿河台校舎において、「日英言語文化学会第28回例会」が開かれました。私はそこで講演を頼まれ、「言語学習の諸相ー自律、メタ認知、ストラテジー」という題で話をしました。第1回のこのプログの書き込みはそのことから始めることにいたします。

当日の話は私が現在もっとも関心を持っている問題、すなわち「自律的英語学習者をどう育てるか」に関連しています。現在私はそのような内容の本を書く構想を持っていますが、そのことはまた別の機会に述べることにして、今回は当日の講演で述べた8つのポイントを以下に列挙させていただき、次回から順次それらの内容を補足するつもりです。

1.日本人の英語学習を生涯学習の観点から観る。

2.日本人にとって英語は外国語である。第2言語習得とは違う。

3.外国語の学習に臨界期は存在しない。

4.外国語学習はインプット量が極度に制限される。ここから多くの問題が起こる。

5.外国語学習を推進する力は主として認知力による。

6.学習改善にもっとも重要なのはメタ認知力とその技能である。

7.学習エネルギーの根源は学習への情熱(passion)である。

8.個人の学習プロセスを支配するのは自律(オートノミー)の原理である。

それぞれのポイントについて説明を必要とすることがたくさんあります。次回からそのことについて述べます。 (土屋澄男)

桐英会のこと

Author: 浅野 博

私たち高等師範学校英文科の最後の卒業生は、クラス会に

「桐英会(とうえいかい)」と名前を付けました。「桐」は校章の

桐の葉から、「英」は英文科を表しています。浅野博

  桐英会がブログを開設しました。とりあえずは、浅野博、土屋澄男、松山薫、田崎清忠の4名が、さまざまなメッセージを開陳します。どうぞお楽しみに。(田崎清忠)