Print This Post Print This Post

日本人の英語学習における発音の問題は、これまで大きな議論になってきました。学校の英語の先生方は皆さんこの問題に大きな関心を持っているでしょうが、実際にはどうなのでしょうか。せいぜい、授業では発音にも注意して指導している、ということではないでしょうか。発音の問題は多岐にわたりますが、議論の中心は常に、どうしたら日本人学習者がもっと上手に英語の発音ができるようになるかということです。ここでは「気づき」の観点から、日本人学習者がどこでどのように発音技能の獲得につまずくのか、という問題に限って取り上げます。

 筆者の限られた英語指導の体験ですが、大学生を含め数年にわたる英語学習の後にも、英語らしい発音を身につけていない学習者が非常に多いように思われます。いわゆる「日本人英語」(Japanese English)であることは一向にかまいませんが、英語らしいリズムや抑揚に欠ける英語は聞きづらいものです。英語を話す場合には内容が重要であって、発音は大した問題ではないと言う人もいますが、筆者はそうは思いません。第1に通用しない発音では話になりません。第2に、たとえ通じはしても、しばしば相手に誤解されたり不快感を与えるような発音では、正常なコミュニケーション活動はできません。特定のネイティブ・スピーカーの発音を真似する必要はありませんが、世界のどこででも通用する国際語としての英語発音を身につけることは、グローバルな舞台で活躍しようとする日本人にとって必須のことではないでしょうか。

 英語の発音に上達するには発音技能の獲得が欠かせません。それは特殊な技能と言うよりも、地球上のすべての人間が用いる一般的な技能ですから、誰でも時間をかけて順序正しく練習すれば必ず上達するはずです。ただし母語を習得するときのようにはいきません。赤ちゃんは地球上のどんな言語でも習得できる能力を持っていて、たまたま生まれた土地の言語を話すようになります。私たちは日本に生まれたので日本語を習得しました。その中には発音技能も含まれます。ただし日本語にもいろいろな変種があるので、生まれ育った土地によって多少の違いがあります。しかしその違いは、生後の生活環境や教育によってほとんど克服されます。このようにして、日本で生まれた日本人は、多少の違いはあっても、日本のどこででも通用する日本語を話す発音技能を獲得します。

 これに対して、いったん母語である日本語を習得した人々(5、6歳以上の幼児期を過ぎた人々)は、生まれたばかりの赤ちゃんのようにはいきません。脳と発音器官が日本語の発音に適するように調整されてしまったので、赤ちゃんのときに持っていた、どんな言語の音声にも適応できる柔軟性が失われています。つまり彼らは、日本語の発音システムに完全に縛られてしまっています。ですから、耳から入ってくる英語の音の物理的特徴を、そのまま素直に耳で受け取ることができないのです。それでも多くの人は、ひたすら耳から入る音を模倣しようとします。しかしきちんと耳でとらえられない音を、どうして正しく真似ることができるでしょうか。そういうわけで、幼児期を過ぎてから英語を学ぶ日本人は、英語の発音システムに適応できるように、脳における発音関係の神経組織を再編成すると同時に、自らの発音器官を調整し直す必要があるのです。これは大仕事です。そこで日本人の学習者が最初になすべきことは、同じ人間言語でありながら、英語の発音システムと日本語のそれとは大きく違うということを、まずしっかりと理解することです。

 英語と日本語の発音がいろいろな面で違うことは、英語学習の初期において誰でも気づくことです。しかし多くの学習者はこう考えるようです。同じ人間の使う言語だからいろいろ違いはあるが、慣れてしまえば自然に解決するだろうと。問題をあまく見るわけです。しかしそれが間違いであることが後になって分かります。だが時すでに遅く、学習初期の誤った発音練習によって誤った発音技能が身についてしまうと、それを初心に戻ってやり直すのに膨大な量のエネルギーを必要とします。多くの日本人が英語の発音を学ぶときにおかす大きな誤りの原因は、英語の音声を日本語の発音システムに当てはめて発音することにあります。日本語とまったく異なる英語の発音システムを受容して身につけるためには、私たちは言語音声面での大きな自己変革を必要とするのです。たかが外国語の発音を学ぶのに「自己変革」とは大げさだと感じる方もあるかもしれません。しかしこれを、筆者は決して誇張だとは考えていません。「たかが発音くらい」という奢りと侮りが惨憺たる結果を生むことは、これまでの日本の英語教育の歴史が証明しています。(To be continued.)