Print This Post Print This Post

次の学習指導要領改訂で、2020年度から小学3,4年で「外国語活動」が始まり、小学5,6年生では「外国語」が教科として教えられることになるようです。「外国語」は実質的に「英語」ですから、小学3年から英語が教えられることになります。しかしこのプランをめぐっては、前回にも述べたように、現時点では解決の難しい大きな問題がいくつも横たわっています。特にこの実施の成否の鍵をにぎっているのは、小学5,6年の英語を担当する専門教員確保の問題と、小学校から中学校に繋がる一貫した英語カリキュラム策定の問題です。文科省はこれら2つの問題を解決できる具体的なプランを持っているのか、今すぐ解決できなくても、近い将来に確実に解決できる実施プランを持っているのか、それがいちばん知りたいところです。

本稿では、上に挙げた二つの問題のうちの後者、すなわち「小学英語のカリキュラムをどのように策定するか」の問題を中心に考察を進めて行きます。文科省は、ちょうど今「教育課程審議会」やその専門部会で、学習指導要領の原案を作成中だと思われます。そこではどんな議論がなされているのかは知りませんが、英語教育に関しては、最初に小中一貫したカリキュラムの必要性が議論されるはずです。なお、学習指導要領はカリキュラムそのものではなく、各学校がそれぞれのカリキュラムを編成する際に、その基準となるものを示したものです。

さて、ここでわれわれが問題にしている「小中一貫の英語カリキュラム」に関して、まず小学校と中学校の指導の区切りをどのように考えればよいのかを考えます。まず語彙の問題から始めます。小中高で指導すべき語彙数については、すでに文科省から公表されています。それぞれの指導語彙数は次のようです。

*小学校:600~700語

*中学校:1,600~1,800語

*高校:1,800~2,500語

*小学校から高校までの総計:4,000~5,000語

上の表を見て最初に筆者が感じたのは、これの原案作成者にはまず高校卒業までの5,000語という目標語彙数が存在し、それを小中高に適当に配分したのではないかということでした。古くから、英語の読み書きの基本は5,000語の習得が必要であり、大学受験には少なくともそのくらいの語彙力を持たなくては競争率の高い大学には受からないと言われてきました。それはいわば受験指導の定説となっていた数字です。そしてこの指導語彙数は、「ゆとり教育」が始まった1977年の学習指導要領改訂において大幅に削減され、大学入試に関わる教師たちの間でも議論になっていた問題でした。「ゆとり教育」のピーク時の改訂(1998年)では、高校までの指導語彙数が2,700にまで削減されていたのです。これが「ゆとり教育」の見直しによって、以前のレベルに戻ったということです。

今回指定された指導語彙数に関して議論になるとすれば、まず小学校における600~700語が適切かどうかということが議論されるでしょう(韓国では3~6学年で「450語以内」となっている)。文科省はその疑問に対して納得のいく説明ができるように準備をしていることでしょう。しかしそれが専門家に対してだけではなく、小学校で英語を担当するすべての教員にも理解を得させるものでなくてはなりません。また同時に、限られた時間でそれだけ多くの語をどのように、またどの程度まで指導するかについても、しっかりと議論される必要があります。細かな指導方法を学習指導要領に規定する必要はありませんが、指導ガイドなどで、語はさまざまな顔を持っていること(話し言葉としての語彙、書き言葉としての語彙、認知語彙としての語彙、また発表語彙としての語彙など)を丁寧に説明する必要があります。後で述べるように、英語学習初期の小学生たちは日本語と異質な英語の音声や文字に慣れ親しむという難しい課題に直面するだけに、まだ日本語の書記体系の習熟期にある子どもたちに、ここで過大な重荷を負わすことのないよう、十分な配慮が必要です。

次に文法事項についてはどうなるのでしょうか。現在の中学校学習指導要領には文法事項が相当のスペースを取って細々と書かれています。その一部を小学校に移行することは、筆者の見るところ、まったく不可能であるように思われます。無理に分割しようとすれば混乱が起きることは必須です。そこで「文法事項」については、小学校の学習指導要領ではいっさい触れないよう筆者は提案します。英語初期の学習指導には文法事項(とくに文法用語を使った文型の記述など)の記述は必要ありません。教科書を作成する際にも必要ありません。したがって、文法に関しては、たとえば「単純な構造を持つフレーズやセンテンスを扱い、英語に特有な基本構造が自然に身に付くようにする」のような記述がよいと考えます。なお参考までに韓国の初等学校英語の教育課程を見ると、単一文章の長さを3・4年生で7語以内、5・6年生で9語以内としています。これはおそらく子どもの記憶域を考慮した経験的観察データに基づくものと考えられます。そうでならば、ある程度説得力があります。

文法事項などよりも、英語学習初期に子どもたちにとっての難関は、英語の音声と文字の習得です。まず音声についての難関は、小学5、6年の子どもたちがモデル音をそのまま真似て正しい英語音を形成することができなくなることにあります。彼らの脳の中にはすでに日本語の音韻体系がしっかりとインプットされていて、他の言語音を聞いてもそのまま受け入れることができないのです。彼らは常に母語である日本語の音韻体系を基準にして英語音を聞き分けます。つまり、耳から入る英語音を、脳の中に存在する日本語の音韻フィルターを通して聞くわけです。したがって、模倣と反復だけでは、英語音声の習得はほとんど不可能なのです。英語入門期を担当する教師は、日本語と英語の音韻体系の違いに関する十分な知識と共に、それを利用しての実際的な指導技術をしっかりと身に付けている必要があります。

次に文字の指導はどうでしょうか。英語はラテン文字(ローマ字)を使って表記します。それらは古代ローマ人が使った文字で、基本的に音表文字です。ですからラテン語から派生した現代イタリア語やスペイン語の音声にはそのまま当てはまるのですが、そうではない英語では音と文字が必ずしも1対1に対応していません。このことが英語の文字の学習を難しくしています。アメリカの学校ではしばしばディスレクシア(dyslexia読み書き障害)が話題になります(注)。ある調査によると、アメリカ人の約10パーセントが読み書きに関して何らかの障害を持っているといいます。日本でも小学生全員が英語の読み書きを学ぶことになると、ディスクレシアが顕在化することも考えられます。こういうことに無知な教師が小学生に英語を教えることに恐怖をすら感じます。ここで文字の学習に躓いた子どもたちをどうするかは、あらかじめ対策を考えておく必要があります。日本人にはディスクレシアは関係ないとするのは、あまりにも楽観的にすぎます。

(注)「ディスレクシア」は学習障害の一つで、とくに読むことと書くことにおける困難を示す障害のこと。病理学では「失読症」あるいは「難読症」といわれる。事故や病気などによって現れる後天的な障害と、生まれつきの特性によって生じる障害とがある。なぜこのような障害が生じるのかについてはまだ完全には解明されていないが、最近は脳機能の何かの障害によると考える人が多い。言語を読み書きする活動は、聞き話す活動にくらべ、より多くの脳部位の活性化を必要としており、そのプロセスは非常に複雑なものである。(参考:『改訂版 英語教育用語辞典』大修館書店2009)