Print This Post Print This Post

< 原発事故を記憶し、伝える >

福島第一原発の事故から昨日で8ヶ月経ちました。深刻な衝撃を与えた原発事故も、時間が経てば、少しずつ風化していくことは避けられないでしょう。風化を食い止めるためには、今生きている人達が、何が起きたのかをきちんと把握して、なるべく正確に伝えていかなければならないと思います。今わかっていることを私がまとめたものを掲載します。外国人に伝えたい方の参考に、英文の拙訳を付しました。3回続きです。
                              2011−11−12

福島第一原発事故(その①)

1. 東京電力福島第1原子力発電所は、2011年3月11日午後、仙台市沖の太平洋で起きたM-9の巨大地震と、これにともなう大津波に襲われ、4基の原子炉を緊急冷却するための全ての電源を失った。

   On the afternoon of March 11, 2011, the Fukushima No.1 Nuclear Power Plant of Tokyo Electric Company, or TEPCO, lost all its power supplies for emergency cooling of its four reactors in the wake of a massive quake of magnitude 9.0 that took place in the Pacific off Sendai in northern Japan and gigantic tsunami that followed.

2. その翌日、1号機で、3日後に3号機で水素爆発が起き、原子炉建屋の上部を吹き飛ばした。また、2号機と4号機でも爆発が起きて格納容器や建屋を損傷した。5号機、6号機は点検中で、高台にあるため大きな被害はまぬかれた。

Hydrogen explosions occurred at the No.1 Reactor the next day and at the No.3 Reactor three days later, blowing off the upper parts of reactor buildings. Similar explosions took place at the No.2 and No.4 Reactors, damaging part of a reactor building and a containment vessel. The No.5 and 6 Reactors under inspection escaped damage as they stand on a hill.

3. 日本政府は、初の原子力緊急事態宣言を発し、福島原発から2キロ以内の住民に避難を
指示、後これを20キロに拡大した。また、2週間後、20キロから30キロ以内の住民に自主避難を勧告した。11万人以上の人達が故郷を離れざるをえなかった。

The Japanese government proclaimed a state of nuclear emergency for the first time and ordered residents living within a radius of two kilometers of the nuclear plant to evacuate and later enlarged the radius to 20 kilometers. Two weeks later, the government advised residents within a radius of 20 to 30 kilometers to voluntarily evacuate from the area. More than 110,000 people had to leave their home towns and villages.

4.  アメリカ政府は、福島原発から80キロ以内の自国民に退避を勧告し、留学生を含む1万人以上の外国人が国外に逃れた。 32カ国の在日大使館が一時閉鎖された。

The United States government called on American citizens to stay more than 80 kilometers away from the nuclear plant. More than ten thousand foreign nationals living or studying in Japan left overseas. Embassies of 32 countries in Tokyo were temporarily closed.

5. 爆発によって放出された放射性物質、例えば、放射性ヨウ素、セシウム、ストロンチュム、プルトニウムなどが、風に乗って、東北地方の太平洋岸から関東地方北部を中心に広がり、国土を汚染し、国民に深刻な健康被害の懸念を与えた。

Radioactive materials emitted in the explosions, radioactive iodine, cesium, strontium and plutonium for instance, spread on winds mainly from the Pacific coast of the Tohoku District to the northern part of the Kanto Region, contaminating soil, fields, forests and creating grave anxieties about health hazards in the nation.

6.  原子炉と建屋のプールに保管中の使用済み核燃料を冷却するため、警察、消防、自衛隊 
が、懸命の放水を行なった。そのため、原発敷地内には大量の放射能汚染水が溜まった。

Police, fire brigades and SDF personnel desperately pumped water to cool down nuclear reactors and spent nuclear fuel stored in the reactor buildings. As a result, massive amounts of radiation-contaminated water pooled in the compounds of the nuclear plant.

(M)