Print This Post Print This Post

② 全体像の把握が重要

<② 全体像の把握が重要 >

情報を持っている側は、その一部を恣意的に選んで公表し、それが真実であるかのように思い込ませようとします。私達の世代は、「大本営発表」を信じ込まされたという苦い体験からそれを学びました。しかし、これは昔話ですまされることではありません。原子力発電の歴史はまさにそうでした。そういう詐術に引っかからないようにするには、全体像をきちんと把握し、それを基点に判断することが重要だと思います。最近のオリンパスの「飛ばし」疑惑では、元社長だったイギリス人は、経営資料全体を見て、何処かおかしいと感づいたのでしょう。TPPについての政府の説明も、あまりに拙速且つ一方的であったため、裏に何か隠されているという疑惑を抱かせ、反対派の追求で、だんだん全体像が明らかになり、政府の説明の化けの皮がはがされてきました。原発事故についても、議論の前に、まず、全体像を把握することが真実を知るための第1歩だと考えます。

7. 敷地内には一時12万トンもの高濃度の汚染水がたまり、その一部が海に漏れ出し 広く 海水を汚染した他、東電は、保管場所のなくなった低濃度の汚染水を意図的に海に放出し、外国の厳しい非難を浴びた。

As much as 120,000 tons of water highly-tainted by radiation temporarily pooled in the premises of the nuclear plant, part of which leaked into the sea around the plant and widely contaminated seawater. TEPCO intentionally discharged lowly-tainted water into the sea as the plant did not have enough space to hold such vast amounts of water. The discharge invited severe criticism from abroad.

8. 東電は、1号機、2号機、3号機で、炉心溶融が起きたこと、つまり、原子炉圧力容器内の核燃料棒が溶けて、容器の下部に落ちたことを認めた。また、専門家達は、3号機では融けた核燃料が圧力容器から格納容器に漏れ出ている可能性があるとしている。

TEPCO admitted that nuclear fuel in the No.1, No.2 and No.3 Reactors melted down to the bottoms of the pressure vessels. Experts do not rule out the possibility of nuclear fuel in the No.3 Reactor leaking from the pressure vessel to the containment vessel outside.
.
9.原子力発電所で炉心溶融が起きたのは、1979年のアメリカのスリーマイル事故、1986年のソ連のチェルノブイリ事故に続いて3番目である。経済産業省の原子力安全・保安院は、福島原発の事故を、国際原子力事象評価尺度INESに基づき、チェルノブイリ事故と同じ、最悪のレベル7と判定した。

This is the third time that a so-called meltdown in a nuclear reactor has taken place, following the Three Mile Island accident in 1979, and the Chernobyl disaster in 1986. The government agency for nuclear and industrial safety categorized the Fukushima accident as 7, the highest level on the International Nuclear Event Scale, putting it on a par with the Chernobyl disaster.

10. 東京電力は事故を起こした福島第一原発の1号機から4号機までを、廃炉にすると発表した。廃炉には原子炉の冷温冷却後、数十年かかる見通しである。 

TEPCO announced that it has decided to scrap the crippled No.1 to No.4 nuclear Reactors at the Fukushima No.1 Nuclear Plant. It seems that the scrapping may take decades after the reactors can be constantly kept under 100 degrees centigrade.

11.政府は、今回の事故にかんがみ、東海地震の予想震源域の真上にある静岡県の浜岡原発の6基の原子炉の運転を全て停止するよう中部電力に要請し、中部電力はこれに応じた。

In view of the current disaster, the Japanese government asked Chubu Electric Power Company to shut down all six nuclear reactors at the Hamaoka Nuclear Power Plant in Omaezaki, Shizuoka Pref. The utility company met the request. The Hamaoka Nuclear Power Plant in question is located just on the presumed epicenter of a probable Great Tokai earthquake with a possible magnitude of 8 or more.

12. 放水による汚染水の増大を食い止めるため、東電は、冷却水をパイプを通じて循環させ、その途中で放射性物質を取り除く装置をフランスとアメリカから取り寄せて稼動させたが故障があいついだ。

To prevent the amount of contaminated water from rapidly increasing, TEPCO imported from France and the United States devices to remove radiation while circulating such water through pipes to cool reactors. The devices frequently broken down, however.

13.福島原発の事故に伴う電力不足を乗り切るため、東電は3月14日から28日まで、首都圏でいわゆる計画停電を実施した。このため、食料品、ペットボトル入りの水、電池、懐中電灯、蝋燭など一部の日用品が不足し、市民は買いだめに走った。

For about two weeks after the Fukushima accident, TEPCO carried out scheduled blackouts in rotation in the Kanto and Tokyo Metropolitan areas、which led most citizens to hoard certain daily necessities such as foodstuffs, bottled water, electric cells, flashlights and candles.

(M)