Archive for 8月 23rd, 2013

「“安倍首相との仮想インタビュー」
(1)安倍首相の言動が気になると思って眠ったら、自分が新聞記者になって安倍首相と独占インタビューをしている夢を見ましたので、それを補足、拡大して今回のブログにします。『 』が首相の発言です。

(2)「総理、消費税の実施は秋になって判断するということですが、腹の中ではどうするか決まっているのでしょう?」『そうだな。景気回復をしてからと言ってきたが、実施をしないと景気が回復していないことを認めたことになるからね。最近はデパートでも高級品が売れ出しているようだし。』

(3)「でも、景気が回復したとは実感できないという国民の声も大きいようですが」『時間的なずれが生じるのは止むを得ない。もう少し我慢してもらえば、必ず実感できるようになるよ。アメリカなんかとても元気になってきているし。』「でも株価は3月22日の時点ではかなり下がりました。」『株価は投機的なものだからね。投機筋の思惑に一喜一憂してもしょうがないよ』

(4)「麻生副総理は辞めさせないのですか?」『そんな必要は全くない。失言は取り消したし、今では“麻生副総理を守る会”までできている。』「しかし、世界中のユダヤ人たちは強く批判していますが」『ナチスを例に出したのはまずかったが、発言は取り消しているし、彼の本意は、憲法改正などは静かにやるべきだということで、私もその点では同感だ。』

(5)「静かにこっそり変えてしまうことで良いのでしょうか?大いに国民の間で議論すべきではないでしょうか?」『議論はいいよ。しかし、一定の時間内に結論が出るものだろうか?いつまでも無駄な議論をしている余裕などないですよ。』「憲法は政治家の行き過ぎを抑える力があるものです。権力のある政治家が好き勝手に変更すべきものではないのではありませんか?」『今までも十分時間をかけたと思う。これ以上ぐずぐずしていると、周囲の情勢に遅れを取ってしまう。』

(6)元ニュース・キャスターの桜井 よしこ氏も、憲法を改正すべきという意見で、しかも、自衛隊を国防軍にして、北朝鮮や中国の脅威に対抗すべきだと主張していますが、どうお考えですか?」『彼女とは全く同意見です。力の脅威には力で応じるべきです。』「それでは第2次大戦の前の日本軍部と同じ考え方ではないですか。戦争に巻き込まれる可能性が非常に大きいと思いますが。」『こちらから仕掛けるべきだとは言っていません。しかし、相手が攻めてきたら、攻め返すべきです。』

(7)ところで、福島の原発の後始末はまだついていません。それどころか、大量の汚染水が海へ流出していて、大変な問題になっています。いつまでも東京電力に任せないで、政府がしかるべき方針を示して、解決に乗り出すべきだという意見が強いのですが。しかも、庶民は電気代の高騰におびえています。」
『民間に任せる方がいいのだが、手に負えないのなら、何らかの方法を取るべきだとは思う。』「こんな状況でも、首相は原発の海外売り込みを続けるつもりでしょうか?」『日本の技術は優秀です。その技術の輸出と後始末のことは次元の違う話です』

(8)仮想の話にしても、私には首相の言い分はどうもよく分かりません。また今晩も悪い夢を見そうです。(この回終り)