Archive for 9月 2nd, 2012

はじめに:訂正とお詫び
(1)前回の私のブログには不注意から重要な誤記がありました(一部修正済み)。したがって、いつものような田崎清忠さんによる紹介を保留させてもらいました。誤記の1つは、アメリカの大統領選挙に関して人名に間違いがあったこと(これは田崎さんから指摘されました)。2つ目は、国会の運営経費についてのもので、ブログ仲間の松山さんから指摘されました。ここに読者の方々にお詫びして訂正させて頂きます。「なぜ間違えたのだろう」という疑問をお持ちの方もおられると思いますので、その理由と弁明も書かせてもらいます。

誤記の箇所と弁明:
① 共和党大統領候補者(モンデール→ロムニー);モンデール氏はかつてのアメリカ駐日大使で、民主党の副大統領になった人でした。韓国や中国の大使の問題を調べているうちに、混同してしまったようです。
② 国会運営費(1日1兆円→1日3億円)私は、日本のテレビであるコメンテーターが、「ここ数年間は、政治家がだらしなくて重要なことはほとんど決まらないのに、国会の経費だけでも1兆円になる」と述べていたのが頭にあって混同したものです。
③ 私が「穏健派のロムニー氏」と書いたことについても、「彼はマサチューセッツの州知事時代にも敏腕で知られた人物で、“穏健派”とは言えないのではないか」という指摘がありました。9月30日のTBS ラジオ“Dig” では、「アメリカ大統選挙」をテーマにしていました。論点としては、「共和党はなぜ穏健派のロムニー氏を候補者に選んだのか」をまず挙げていました。共和党の中でも強力な保守派の人たちはロムニー氏への不信感があったので、ロムニー氏は、副大統領候補に若手で超保守派のライアン下院議員を指名して、バランスを取ったとのこと。「アメリカの大統領候補者はよく使う手だ」との説明がありました。

以下は新しいブログ(23)の本編です
「ロンドン・パラリンピック(2012)」で考えたこと
(1)8月のオリンピックで湧いたロンドンが、今度はパラリンピックで湧いています(8月22日~9月11日)。私はパラリンピックについては、「オリンピックの後で行われる身体障害者のスポーツ大会」くらいの認識しかありませんでした。報道をいろいろ見たり聞いたりしていると、その程度の認識では甘いことを知りました。

(2)何よりも感銘を受けるのは、選手たちのファイト満々の明るさです。障害者になった理由は様々なようですが、とにかく、“生きることへの努力と意欲”には頭が下がります。開会式の様子は、NHK の教育テレビで放映されましたが、会場はオリンピックに勝るとも劣らない熱のこもった声援で一杯でした。ただし、日本の関係者からの報告には、「日本人の関心はかなり低いのではないか」というコメントがあったのが気になりました。種目によっては、日の丸の旗も結構目立ちますが。

(3)8月のTBS テレビ「朝ズバッ!」では、司会者のみの・もんたが、「私も反省しているのだが、日本ではパラリンピックに関するマスコミの取り上げ方が十分ではない」と言っていました。この司会者は、若いリポーターには叱るような口をきいたり、スタッフが“時の人”を出演させると自分の手柄のように自慢したりしますから、私は好きになれないのですが、今回の発言には同意できました。

(4)私たちが身障者について無関心過ぎるということで、日本のテレビで見た場面を思い出しました。それは東京の表玄関と言われるJR 東京駅(丸の内側)の自転車の放置場面です。もちろん「自転車放置禁止」の注意はあるのですが、無視する利用者が多いのです。テレビ局のアナウンサーが、「ここは駐輪禁止ということをご存知ですか」とマイクを向けると、「すぐに戻りますから」と言って、走り去ってしまうのです。「悪いことだ」とは知っているようですが、視覚障害者誘導用ブロックの上でも、平気で自転車を置いているのです。

(6)なぜ自転車利用者が近年になって急増したかについては、「震災などの場合に帰宅困難者になることを恐れて、買い物先や勤務先に近いところまで自転車を利用する人が増えたため」とのことでした。この周辺は土地代が高くて、千代田区では駐輪場を増設する余裕が無いとのことです。災害に備えることは大切ですが、「自分だけ助かればよい」といった気持ちでは、いずれ私たちは全滅してしまうでしょう。日本人はどうしてこうも道徳意識が低くなってしまったのでしょうか。

(7)東日本大震災の被災地や被害者たちは未だに、大変に困った状況にあります。政府も予算不足で打つ手がありません。それにしても、億単位で集まったはずの義援金はどこへ行ってしまったのでしょうか。東京電力に請求出来るような費用はそこから立て替えたらよいと思うのです。日本赤十字に電話したら、「ホームページで報告しています」との返事でしたが、私にはどうもその報告が見つけられません。お分かりの方は教えてくれませんか。

(8)それにしても、今の政治家たちは、何を考えているのでしょうか。もめごとばかりやっているので、今度総選挙が行われても、棄権する人が多くなるでしょう。そうなれば、わずかな得票数で当選する政治家ばかりになってしまうであろうと、暗澹たる気持ちになります。(この回終り)